「森の恵み」GABA ぬか漬け

Scroll
トップ / GABA
GABAぬか漬け

「ぬか漬けが秘める力」

まず、ぬか漬とは一体何でしょうか?
ぬか漬とは、塩漬けにした野菜をまっさらなぬか床に漬け込み、
長期間発酵させたもの。空気に触れさせずにじっくり発酵させることで乳酸菌が増え、
おいしく栄養たっぷりのぬか漬ができあがります。

「もり」のぬか漬は、昔ながらのこの製法を今も実直に守り続けています。
とは言え「漬物には塩分が多く、血圧が上がるのでは?」というイメージを持たれている方も多いのはないでしょうか。

そこで「もり」では独自にぬか漬に関する研究を進め、ぬか漬が持つ力を科学的に検証しました。
結果、ぬか漬にはGABA(ギャバ)という成分が多く含まれていることを確認しました。
GABAは、血圧低下やストレス緩和の効果があるとされるアミノ酸の一種です。
「もり」のぬか漬には、そのGABAが、10gあたり20mg含まれていることが判明。
ひと切れ食べれば、1日の推奨摂取量の半分以上が摂れることとなります。

「もり」のぬか漬作りでは、特別なことは何もしていません。
ただ実直に伝統的な製法を守り、良い素材を丁寧に発酵させるのみ。
しかし現代の科学によって、その漬け方が今の時代の人々にとっても栄養価の高いものを生み出すことがわかりました。

きちんと漬ければ良いものができる。
そのことが科学的にも証明されたのです。
古来から続くものには、根拠ある人間の知恵が込められています。
これからも「もり」ではその知恵を受け継いで、今、そして未来のお客様に喜んでいただけるような漬物を作っていきたいと考えています。

「もり」のぬか漬は、まさにその代表となる商品です。
ぜひ、毎日の食卓の一品にお選びください。

GABA漬物
GABA漬物
GABA漬物

GABA

京つけものもり「森の恵み」GABAシリーズの商品に含まれるGABA (γ-アミノ酪酸)は、後から当社がお漬物に添加した
ものではなく、昔ながらの糠漬の製法から自然の力で生み出されたものです。
「森の恵み」GABAシリーズは、現代科学の力でお漬物の高い機能が証明されたという、画期的な商品です。

商品のご案内

GABAとは

γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)というアミノ酸の一種で、抑制性の神経伝達物質です。
GABAには血圧が高めな方に適した機能があることや、リラックス効果があると報告されています。

植物性乳酸菌

糠漬は、植物性乳酸菌を多く含んでいますので、
生きたまま腸に届き、腸内環境を整えて免疫力を高める効果があるといわれています。

機能性表示食品

もりの“「森の恵み」GABA(ギャバ)”シリーズは、機能性表示食品としてその効果が科学的に認められております。
「森の恵み」GABAシリーズのお漬物に含まれるGABA (γ-アミノ酸)は、後から当社がお漬物に添加したものではなく、昔ながらの糠漬の製法から、自然の力で生み出されたものです。 ですから、現代科学の力でお漬物の高い機能が証明されたという、画期的な商品です。
GABAには血圧が高めな方に適した機能があることやリラックス効果があると報告されています。

GABAの商品ラインナップ

「もり」独自の製法によるぬか漬「森の恵み」にはγ-アミノ酸(GABA)という成分が
多く含まれていることを確認しました。

南瓜漬

南瓜漬

540円(税込)

大根漬

大根漬

540円(税込)

茄子漬

茄子漬

540円(税込)

人参漬

人参漬

540円(税込)

胡瓜漬

胡瓜漬

540円(税込)

ご購入はこちら

届出表示

本品にはγ-アミノ酪酸(GABA)が含まれています。
GABAには血圧が高めな方に適した機能があることが報告されています。

届出番号

大根漬 D638
胡瓜漬 D639
人参漬 D640
茄子漬 D641
南瓜漬 D642

機能性表示食品の届出情報について、こちらでご確認いただけます。

オンラインショップ
ページの上部に戻る